武田真治、戸田恵梨香を2回蹴る!暴力シーンに嘆き節…映画「 駆込み女と駆出し男」初日舞台あいさつ2 #Kakekomi Onna to Kakedashi Otoko #movie

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の戸田恵梨香さんが5月16日、東京都内で行われた映画「駆込み女と駆出し男」(原田眞人監督)の初日舞台あいさつに出席。戸田さん演じる“駆込み女”のじょごの夫で暴力をふるう重蔵を演じた俳優の武田真治さんが「(撮影で)僕2回も戸田さんのことを蹴って本当にいやだった」と告白すると、戸田さんは「武田さんの蹴り方が上手で押すように蹴っていただいて、痛くなかったです。ありがとうございました」とすかさずフォローし、会場の笑いを誘った。

 武田さんは「暴力シーンって部分的に撮ってくれたらけがもないと思うんですけれど、一連で撮るって言われて。僕の暴力の引き出しもそんなにないですし……」と嘆き節。原田監督は「(完成シーンは)すごい迫力で蹴っている。武田真治ってものすごい残酷な男なんだと分かるようになっている」とコメントし、大泉洋さんも「自分の中に何かないと(暴力シーンは)できないですよ」と武田さんをいじり、武田さんは「そのせいでいまだに独身とかではないです」とタジタジだった。

 映画は井上ひさしさんの時代小説「東慶寺花だより」(文藝春秋)が原作。江戸時代を舞台に、夫との離縁を求めて東慶寺に駆け込む、じょご(戸田さん)やお吟(満島ひかりさん)らに、見習い医者で駆け出し戯作者の信次郎(大泉さん)が奇抜なアイデアで新たな出発を手助けする……という内容。舞台あいさつには、満島さん、キムラ緑子さん、内山理名さんも出席した。

####
Shinji Takeda kicked Erika Toda twice! He is discontented with the violent scene! The greetings on stage event for the debut of the movie “Kakekomi Onna to Kakedashi Otoko”.

Actress Erika Toda appeared at the greetings on stage event for the debut of the movie “Kakekomi Onna to Kakedashi Otoko” (“The woman rushed in and the man rushed out) (directed by Masato Harada) held in Tokyo on May 16th. Actor Shinji Takeda, who plays Juuzou, the violent husband of the “Rushed in woman” named Jogou (starred by by Toda), confessed : “I kicked Toda twice (during the shooting), it was really bad!”; and Toda followed up instantly: “The way Takeda kicked me was really good, he kicked just like he was only pushing me, I didn’t feel hurt at all! Thanks a lot!”, moving the audience to laughter.

人気の動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です