松本人志、将棋解説役に大苦戦!新川優愛と「タウンワーク」新CMに

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが、求人メディア「タウンワーク」の新CMで、眼鏡にグレーのスーツという将棋の対局番組の解説者姿を披露している。CMのメーキングでは、盤上の駒を動かしながら、専門用語のせりふに苦労する姿が収められている。新CMは11月7日から放送される。

 第13弾となるCM「将棋の対局」編は、解説者役の松本さんとアシスタント役の新川優愛さんが、対局の「先手4七飛車」という手筋に、盤上の駒を動かしながら「3三角でバイトされ、4五金でもうタウンワークということですね」と、おなじみの「バイトするならタウンワーク」をアレンジしたせりふが披露される……という内容。

 撮影で、松本さんは、駒の置き場所や向き、せりふに「(頭が)こんがらがってきた」と弱音を吐きつつ、必死に練習に励んだという。本番では、練習の成果を発揮し、監督から「OK」の言葉をもらい、安堵(あんど)の表情を見せたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です