潮の香りの中で 岡村孝子

Andantino a tempo takako okamura
【わすれな草】
昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲く「わすれな草」を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です