さよならが言えないで どこまでも歩いたね   虎谷温子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です