女郎蜘蛛

背に観音の刺青、男を喰い尽くす美貌と凄まじい剣の腕を持つ女・お蓮は、とある宿場町の女郎屋に用心棒として転がり込む。やがて、お蓮は店の常連である徳兵衛が自分の母親を犯し殺した男であることを探り当てる。そんな折り、女郎屋と対抗する虎造一家が町の子供を攫う。それは、お蓮を誘き出し、亡き者にしようといする徳兵衛の罠だった。子供を救うため、積年の恨みを果たすため、お蓮はたった一人で、虎造一家に乗り込むのだった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です