りんご追分 江口紀子 久保田浩 大場哲郎 乙宗亮輔 ジャズ演奏ドラム館

ジャズ喫茶ドラム館応援サイト
http://www.wix.com/okagakifukuoka/jazz
管理人公式ウェブサイト ドラム館メンバー紹介
http://fukuoka30.web.fc2.com/JazzCafeDoramukan/member/index.html

ジャズ喫茶ドラム館公式ウェブサイト http://drumkan.net/
(JR鹿児島本線遠賀川駅前にある マスター中溝さんのお店ドラム館はドラマーのマスターを中心に集まった人達の憩いの場所になっています 音楽好きから食事やお酒を楽しむ人まで気軽に立ち寄れるお店です)

演奏曲 りんご追分

久保田 浩(ピアノ)
北九州を拠点に活躍するプロのピアニスト 1965年10月10日生 北九州市八幡出身 6歳からヤマハ音楽教室に通い始める。9歳から14歳までエレクトーンを習う。高校2年時にオルガンのジミー・スミスをラジオで聴き、ジャズに興味を持ち始める。東京理科大学へ進学し、ジャズ研に入部。1年間オルガンを弾き、その後ピアノに転向。在学中、法政大学のビッグバンドにも参加。大学卒業後ゲームのセガへ入社。会社で働くかたわらアマチュアバンド等でライブを行う。4年10ヶ月で退職、ライブ活動を始める。
 2003年7月、病気等の諸事情により実家の北九州へ帰郷。自宅療養しながら地元で少しづつ活動を再開。関東在住ミュージシャンからの共演要請も多く(TOKU、akikoはデビュー前からの知人)、現在、障害を持ちながらも北九州を中心に九州や中国地方で活動中。
 日本人では黒人の感覚をもった数少ないピアニストである。オーソドックスなものからフリーに近いようなものまで自分のスタイルで幅広く演奏。また、ボーカルの伴奏にも定評がある。

江口紀子(サックス)
遠賀郡芦屋町出身。芦屋中学校吹奏楽部にてサクソフォンを始める。
福岡第一高等学校音楽科卒業。サクソフォンを松澤洋氏に師事。
洗足学園音楽大学音楽学部卒業。サクソフォンを池上政人氏、
冨岡和男氏に師事。室内楽を大和田雅洋氏、冨岡和男氏に師事。
平成9年より3年間北九州市消防音楽隊サクソフォン奏者を務める。
在隊中よりストリートサックスバンド(田部俊彦、マークイズベル、西田弘道)
メンバー。ジャズ、ポピュラー音楽に視野を広げる。現在フリー奏者。ピアノとのデュオ、サクソフォンデュオ、カルテット等を中心に演奏活動中。

大場哲郎(ベース)唄えるベーシスト
福岡県を中心に活躍するミュージシャン 高校生の時ロックバンドを結成ヴォーカルとして国士無双の前座等で2年間ライブ活動をする。30歳の時ビックバンドに入り2年間の演奏活動。2011年より ピアニストの久保田浩氏を中心としたライブ演奏などで ジャズを本格的に始める。

乙宗亮輔(ドラム)大阪市南区(現中央区)出身
1970年ジャズドラマー 冨樫雅彦氏に師事
1973年北九州にて 東文明(P)井島正雄(B)と自己のトリオ”JAZZ BAG”を結成 1982年解散するまでの9年間に LP(サンドストーム砂嵐)を発表 又FM福岡のトーク番組(ジャズトレイン)に1ヶ月出演するなど FM福岡や朝日新聞等各種メディアに取り上げられ各地での演奏活動でファンを魅了した。
1986年からは 福岡サンパレスの九州交響楽団の仕事をきっかけに クラッシックのパーカッションアンサンブルに参加 九州各地の小 中 高校や北九州にて演奏や ソロコンサートを行う 
1999年北九州ミュージックプロムナード(若松市民会館)で82年以来、17年ぶりのライブでジャズ復帰し アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズ、ミッシェル・ルグラン、レイ・ブライアントなどとのセッションや ジャッキー・バイアード、中村八大、北村英治氏とはそれぞれのライブやコンサートを行う 又以前から音楽教育にも関心を示し、リズム講座の指導講師として北九州市の九州女子大学・長崎の活水女子大学などで教壇に立ち、2004年から熊本の平成音楽大学・ドラム科の講師を務める。
2007年2008年海上自衛隊 佐世保音楽隊のリズム指導も行う。
2011年より12年ぶりにジャズライブ活動を再開、現在に至る。
30年間のブランクを感じさせない演奏にファンも多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です