<江口のりこ>「花燃ゆ」“いびり役”で存在感も実は歴史オンチ 大河ドラマ「初めて見た」

▼YouTubeで、あなたが自由でリッチになる秘密とは?▼
http://goo.gl/8uFs6X
▲今なら、秘密の情報を無料プレゼント!

◆<江口のりこ>「花燃ゆ」“いびり役”で存在感も実は歴史オンチ 大河ドラマ「初めて見た」
 女優の井上真央さんが主演するNHK大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合・日曜午後8時ほか)の「奥御殿」編から女優の江口のりこさんが出演している。華やかな奥御殿の中で、井上さん演じる主人公の美和(文)を“いびる”怪しい女・日出(ひので)として、ひときわ存在感を放つが、実は「本当に歴史に興味がなくて、興味ある人が不思議でしょうがない」と話す大の“歴史オンチ”。「自分が出るようになって、大河ドラマを初めて見ました」と明かす江口さんに、役への思いや大河ドラマの印象など聞いた。
 「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(ふみ)が主役のオリジナル作品。文は長州藩の尊王攘夷(じょうい)派の中心人物・久坂玄瑞(くさか・げんずい)と結婚し、久坂が死去した後は、群馬県初の県令(現在の県知事)の楫取素彦(かとり・もとひこ)と再婚した人物で、ドラマでは動乱の幕末の長州で、困難を乗り越えて、真っすぐに生きた文の生涯が描かれている。
 ◇日出は「頑張り屋さんのサラリーマン」
 7月12日放送の第28回「泣かない女」から、物語の舞台は華やかな長州藩の奥御殿へと移った。江口さんが演じる日出は総取締役の園山(銀粉蝶さん)の指示を受けて、奥御殿全般の物資の調達や表との外交を担当する表使(おもてつかい)で、劇中では、銀姫(田中麗奈さん)の信頼を得た美和(文)の活躍を妬み、あの手この手で邪魔をしようとする、素性不明の怪しい女として描かれている。
 ポジション的には「いびり役」というのがふさわしいが、江口さんは「日出はとにかく頑張り屋さんで、あれこれ頑張っている人」と言い切る。役を演じるにあたって監督には「日出は、その世界で自分のやるべき仕事を一生懸命やっている人、いわばサラリーマンなんです」と言われたといい、「すごく分かりやすかったし、わざと悪意を出そうと演じるのはやめようと思った。“ザ・悪人”にはなりたくないなって思ったんです」と話す。(出典:まんたんウェブ 8月2日(日)9時0分配信)

◆江口のりこ
江口 のりこ(えぐち のりこ、1980年4月28日 – )は、日本の女優。本名および旧芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県姫路市出身。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。身長170 cm。血液型はO型。(出典:Wekipedia)

【関連動画】

・『お姉ちゃん、弟といく』 予告編

・原紗央莉 江口のりこ 木嶋のりこ 【 ユリ子のアロマ Yuriko’s Aroma】Trailer 18+

・映画 「戦争と一人の女」予告編

【関連キーワード】

江口のりこ 身長

江口のりこ 出身校

江口のりこ 私服

江口のりこ 親友

江口のりこ 出産

江口のりこ 彼氏

江口のりこ かわいい

江口のりこ 家族

江口のりこ 韓国

江口のりこ 加古川

江口のりこ フィッシュストーリー

江口のりこ 双子

江口のりこ facebook

江口のりこ ファン

江口のりこ ファッション

江口のりこ ヘルタースケルター

江口のりこ ヘア

江口のりこ 兄弟

江口のりこ 嫌われ松子

嫌われ松子の一生 江口のりこ

江口のりこ インタビュー

江口のりこ 似てる

江口のりこ 友達

江口のりこ トーク

江口のりこ twitter

江口のりこ とは

江口のりこ スウィングガールズ

江口のりこ スペック

江口のりこ スタイル

江口のりこ 好き

江口のりこ スケジュール

江口のりこ 田口トモロヲ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です